コピーライティングを使って自動収益化の仕組みを作る方法をお伝えしています。 あなたのブログやメルマガは読まれていない!ことを前提に書く。 | Life is journey

あなたのブログやメルマガは読まれていない!ことを前提に書く。

ショックを受けるクマ



どうも、コピーライターの中川寛太です。



こんな言葉を知ってますか?


「Not Read  Not Believe Not Act」

という3つのNOT。


「読まない、信じない、行動しない」



コピーライティングの世界ではよく言われる
言葉なんです。

コピーライティングとは何?
北斗の拳との類似点を交えて書いています。



ブログやメルマガを書いたりしてると、
読者さんは読んでいることを前提にして、
書いていると思うんです。



でも、
この前提を読まれていない!

ということにして書いた方が、
僕はいいと思うんですね。
(悲観的なやつだな!とお叱りを受けるかも)




だって、自分に置き換えて考えてみたら、
どれくらいのブログやメルマガを、
しっかりと読んでいるのか、わかりませんもんね。


読んでいたとしても、
何となくっていう場合が多いんじゃ、
ないでしょうかね。
(よくて流し読み)



基本的にはブログやメルマガは、 読まれていない



僕たちは、1日にどれくらいの文字を
目にしているのでしょうか?

街の看板、テレビ、新聞、雑誌、パソコン、スマホ。
(何万文字は目にしているかもしれませんね)



その中で、自分のブログやメルマガだけが
ちゃんと読まれていると考えるのは、
都合がいいかもしれません。


「YOU、読まれちゃいなよ。」

とジャニーさんがいうはずもありません。
(意味不明ですね。笑)




人は基本的には怠け者なんです。




多くの人は、楽をしたいし、
辛いことをあえてするなんてことは
ないと思います。



そういう、僕も
1歩動けばテレビのリモコンが
取れるのに足で取ろうとして、
ツッたりします。(笑)


メールすれば5分で済む用事も
明日に先伸ばしてみたり、


あえて、ゴミをゴミ箱に投げて
外す!


みたいに書いていて自分がいかに
怠け者かわかります。
(というよりアホですね)


多くの読者さんは、
会社や学校から帰ってくれば、
家族、恋人、友人との過ごす、
時間もあります。


それ以外にも、テレビやゲームをしたりして、
リラックスすることも大切です。



その中で、
自分の書いたブログやメルマガを
読んでもらうというのは、

スゴイことだし、
ほんと嬉しいことですよね。


でも、これってとても大変なことです。



だからこそ、

「基本的には読まれていない」

を前提に書いていくべきなんです。




読まれていないを前提に書く時に 大切なこと



読まれていないことを前提に、
情報発信をする僕たちが、
常に心がけないといけないことは、


読んでくれている読者さんのために
全力で役に立つことや面白いことを
伝えていく!
(当たり前なんですが)

僕のブログを読んでくれている方なら
そんなことはお分かりだと思います。


そして、
ネットで情報発信をしているとうことは、

「読んでください!」


ということを読者さんに、
お願いをしていることになります。


かっこよく言えば、

オファーをしているんです。


自分のブログを読んでもらえると
いうことは、わざわざその人の貴重な
時間を頂いてることなわけですから。




先ほども書きましたが、

人にとって平等に大切なもの。


『時間』




みんな時間を大切にしています。


仕事、勉強、家族、恋人、
趣味、リラックスタイム。



ブログやメルマガを読むということは
この大切な時間を自分に使ってもらって
いることになります。


だからと言って、
ブログやメルマガを書かないでいようと
いうことではないですからね。(汗)


書きたいときは、
思いっきり書いていきましょう!




ただ、情報発信をして読者さんに
読んでもらうということは、

その人の大切な時間であるという
気持ちを持つことがいいです。
(キレイゴトに思えるかもしれませんが
 その気持ちが読まれる文章につながります。)




せめて、読んでくれる人のために、
読みやすくわかりやすく書く。

という些細がことは重要になったりします。



読まれるブログの書き方については、
こちらを読んでみてください
面白いブログの書き方! 王道からお笑い、マンガ、映画から学ぶ こちらもどうぞ!

せっかく読んでくれたのに、
商品やサービスの宣伝ばかりで、

なんの役にも立たない面白くもない
ブログやメルマガだとしたら・・・

しかも、
読みづらく分かりづからかったら・・・。

(本当に読まれないことになります。
 これでは稼げるとか以前の問題になりますよね。)



書く内容や、キーワードだ、
SEOだ、以前に、

読者さんの時間を頂いてるんだと
いうことを意識してみてくださいね。


まとめ



・ブログやメルマガを書くときは、
 読まれていないことを前提に、
 書いていきましょう。


・とはいえ、悲観的になるのではなく、
 読んでくれる読者さんのために全力で伝える。


・読者さんの大切な時間を頂いてるという
 意識で書いていきましょう。


・ネットで情報発信をしているということは、
 常に「読んでください」とオファーをしている。
 ことも意識するべきです。


この記事があなたの情報発信のお役に
立てれば幸いです。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。


中川寛太





読まれないことを前提にしながら、
読まれない壁を越えるための
無料メール講座です。



読まれ続けるライティング
無料メール講座をしてますので
興味のある方は参加してみてください。

無料メルマガはこちらからお願いします


コピーライティングやマーケティング
戦略を知って資産化、自動化をしていく方法!

自分の理想の未来を築き方!

をテーマにしてます。
(おふざけ感満載ですが)


登録してくれた方には、
 
コピーライティングの基礎からテクニックを
書いた攻略本(12000文字以上)を
プレゼント中!


この攻略本を読みながらメール講座を
読んでもらえると、あなたの経済的自由の
はじまりになります。


登録してみて、

「あわない、つまらない、寒気がする」

という場合はすぐに解除できますので
気軽に参加してみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 野球のコーチが子供に打ち方を伝えている
  2. マンガONE PIECE
  3. 疑問
  4. 鉛筆
  5. 電球と空
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-129696902-1