コピーライティングを使って自動収益化の仕組みを作る方法をお伝えしています。 売れるセールスレターを書くために自分にすべき7つの質問! | Life is journey

売れるセールスレターを書くために自分にすべき7つの質問!

こんばんは、中川です。

モテる為にまずやるべき事って知っていますか?

色々と考えればありそうなんですが、
世の中は「人は外見で人を判断する」という
如何ともしがたい心理を先ずは認識することが大切です。


そこで1番最初にしなければいけない事は、


「キレイな靴を履くこと」

です!!

実際にモテない人がお家のベットで、
まるごとバナナをほうばりながらYouTubeを見てる時に
モテる人や可愛い人、カッコいい人は何をしているのか?

知っているでしょうか?


「靴を磨いているんです」

ゴシゴシと、ピカピカと。

モテる人は汚い靴を履きません。
例外として、この世のものとは思えない美しい人に限っては
泥泥靴もありですが。

フツーのモテ人はそーゆう努力をしてモテを
獲得しています。

ファッションの基本が靴にあるなんて当たり前のことを
言うつもり?

と思いの方、その通りなんです。(笑)
では、今日は、当たり前と言うかセールスレターを
書く時に基本的なことをお伝えしていこうと思います。

それはセールスレターを書く前に自分に
質問をすることなんですね。

なぜセールスレターを書く前に質問をした方が良いのか?


これは結構前に作ったんですが、
セールスレターのコピーを書く前に自分にする
7つの質問です。

僕自身はこの質問をもとに書き始めて
いくことが多いです。

セールスコピーライターの始め方【ONE PIECE的に解説】


自分以外にも、他の人にアドバイスをする時にも
使う質問になります。

なぜ、この質問をしてからセールスレターを
書いていった方が良いのか?と言いますと、

ゴールへう買うための道筋が、分かりやすく
なるからなんです。

どかか目的地に向かう時に、
この道を通って、ここからは電車に乗って、
駅に着いたらバスはこれに乗ってみたいに頭の中で
イメージを作ることで目的地に着きやすくなります。

セールスレターもこれと同じで、
ゴールまでの道筋が見えないと意味不明な
文章になってしまうんですね。

そうなると、これを読んだ人は何を伝えたいのか?
何でこれが必要なのか?何のメリットがあるのか?
よく分からなくなってしまいます。


そうなると、そのセールスレターの商品、サービスは
売れない!という残念、無念なことになってしまうんです。

なので、この質問を自分自身にすることで、
売れる、成約率が良いセールスレターを
書けるようになるんですね。

セールスレターを書く時にする7つの質問



で、それが7つの質問です。
     ↓
1.自分は(あなたは)何を売りたいのか? 2.1番価値を感じて買うのはどんな人か? 3.その人はどんな悩みや不安、欲求があるのか? 4.どうやってその悩みや不安、欲求を解決するのか? 5.それを一言で言うと、どう素晴らしいのか? 6.それを証明できるものはありますか? 7.断る理由がないオファーはなんですか?
この7つの質問をなぜこれを作ったのかと言いますと、

結構多くの方から、

ビジネスをしていく時、どんなツールを使うと良いのか?
どんなコピーライティングのテクニックが有効か?と、

そういった質問をされるんですね。


でも、ビジネスで結果を出す為には、
読者さんが何に関心を持っているのか?
それをどのような言葉で伝え、
どんな解決策を伝えるべきか、

こう言ったことの方が重要なんです。
だけど、情報がものすごい多い時代、
YouTube、Instagram、Facebook、など
何を使えば良いかの方がメインになり、そこに書く文章には
意識が向いていないと感じました。

「ツール」がメインで「中身」が・・・・。(汗)




もちろん、そのビジネスに合う「ツール」っていうには、
あると思うんです。

でも、そのビジネスで伝えるべき「内容」の方が大切で、
より重きを置くのは

「内容」だと。
これを好きな人にラブレターを書くとして考えてみると
良いかと。

どんなツールを使うのがいいのか?というのは

手紙で伝えるのがいいのか?
メールで伝えるのがいいのか?
LINEで伝えるのがいいのか?
って考えることと同じなんですね。

セールスコピーライティングとは? 
北斗の拳との共通点を交えてお伝えします
でも、本質的には、
伝えるツールのことよりも、

どんなことを伝えるべきなのか。
どんな順番で伝えるべきなのか。
どんな感情を持って欲しいのか?


想いを、良さを、伝えるには
そういったことの方が先だし大切だと思います。

まとめ


こうしたことを考えた時に、
LINE集客、YouTube集客とかそういったツールを
学ぶことも大切です。

でも、大切なことはそこに集客をしてから、
成果を出す為には何を発信したらいいのか?
どうしたら相手の心が動くのか?
セールスまでの仕組みのステップは?

こんなことをしっかりと意識して、
そして根拠を持ってと学ばないとダメですよね。

少なくとも僕が知っているビジネスで成果を出している人は
ひとつのツールで集客をしている人はいません。



長いこと、ビジネスを続けて成果をだしている人は、
コピーライティングとかマーケティングとか仕組み作りなど、
ツールではなく、スキルや思考といった本質的なことを
しっかりと自分の物にした人たちです。

この7つの質問というのは、
少しでも伝えるべき情報の内容を考えてもらう
「キッカケ」になればと思い作りました。

僕がコンサルとかをして、
実際に何度もこれを考えることをしてもらうと、
例外なく、セールスレターの反応率や、
サイトからの問い合わせがUPしました。
なので
とても基本的な質問で、「そんなことわかっているよ!」
と思うかもしれませんが、
何度も繰り返しやることで成果が上がりますので、
是非、やってみてください。。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

中川





コピーライティングやマーケティングを
学んで資産化、自動化をしていく方法!

会社を辞めて独立する方法!

あなたの大切なこと、好きなことを増やしていく!

をテーマにしてます。
(おふざけ感も満載ですが)

登録してくれた方には、
 
ストーリーライティング、コピーライティングの
基礎からテクニックをまとめた攻略本(PDF120ページ以上)
をプレゼントしてます。


この攻略本を読みながらメール講座を
読んでもらえると、自動収益化で稼ぐ
方法を理解してもらえます。


登録してみて、

「合わない、つまらない、寒気がする」

と思えばすぐに解除できますので、

気軽に参加してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鉛筆
  2. 新pasonaの法則
  3. フォーカスを合わせる人
  4. ショックを受けるクマ
  5. ドラマdinner
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-129696902-1