コピーライティングを使って自動収益化の仕組みを作る方法をお伝えしています。 あえて考えることをやめてみる!それがビジネスを続けるコツ | Life is journey

あえて考えることをやめてみる!それがビジネスを続けるコツ

のび太くん


どうも、コピーライターの中川寛太です。



考えることは、とても崇光で意味のある
こととして多くの人が認識してるのでは
ないですかね?





考えなさい。 調査し、探求し、問いかけ、 熟孝するのです。   ウォルト・ディズニー


ビジネスをしている人ならば、

「そうだよなあ」と共感する言葉かも、
しれませんね。



でも、個人でビジネスをしている方は
仕事を突き詰めていくと、考え込み、

自己否定につながることが多々あるんじゃ
ないでしょうか。



なぜなら、
すべてを自分で決断していくから。


何を選択しようが、選択しまいが、
自分の責任になるからです。


当然失敗もするし、
「なんであんな事をしたんだろう?」
ってことも沢山します。
(僕も過去にこんな気持ちになることが
 ありました。汗)


これらをすべて、
自分のせいだ、自分の責任だ!
と考えだすと、結局自分はダメなんじゃないか?
というところにいきがちだと思うんです。


多分、僕なんかは本当にダメかも
しれませんが、そこを深く考えだすと、
キリがないです。汗



自分自身の出来がいいとか、悪いとか、
これはもうどうしようもないことなので、
そこは潔く諦めるしかないです。




多くの人は、

短期的には楽観的で、長期的には悲観的に
考えるんじゃないでしょうか?




過去の自分の選択には楽観的で、
未来のまだ何もしていないことには、
悲観的な気持ちになりがちだと思うんです。


もちろん、ある程度、未来に対して
不安になったり、恐怖を感じることは
あります。


でも、それが過度にいきすぎて
何にも行動できないなんて事は、
もったいないオバケです。



そんなときに、
いい言葉があります。




”先のことを考えるんてバカバカしい。 だって想像どうりの未来なんて1度も ないんだから。”     (現代美術家 大竹伸朗)

もう一つ、

『ジタバタするな、ホコリが立つぜ!』
   (by シブガキ隊ヤッくん)


何も考えず、読めるオジサンあるあるカルタです。
箸休め的に読んでみてください



例えば、
リサーチをして、読者さんや見込み客の人が
喜びそうな企画を作ったとします。


でも、全然反応がない!


なんて事はよくある話です。


だから、必要以上に悲観的に
ならなくてもいいし、
自分に否定的にならなくても
いいんですね。



そしてときに、

「もし、こうしていたら上手くいったのでは?」

と思うこともあります。



当然誰だって思うんですね。
(もちろん、僕も。)


でも、
そうやっていたからって上手くいくとは
限らないはずだし、そんな事は神のみぞ知るです。



つまり、

「もしこうしていたら、」

ということを考えがちだからこそ、


そこは自己否定に繋げるのではなくて、
未来への挑戦のためなんだと思えば、

自然体な意識になりフラットでいられる
のではないでしょうか?



日本人特有の悲観的になる傾向、
考ええすぎて動けない!


こんなことから、
現代では楽観的な方がいいと、
されているのかもしれません。


あえて、考え込まない!
自己否定しない!



個人でビジネスに取り組んでいる人には
大切なことだと僕は思っています。


過去のダメな自分があったからこそ、
今の自分、未来への自分につながっている
はずです。

自然体でいられれば、
日々の勉強や作業を淡々と、
冷静に進めていけるはずです。


その日々の積み重ねこそが、
未来への架け橋になりますから。






「1番、いけないことは、 自分がダメだと思い込むことだよ。」    (野比のび太)

この記事があなたのお役に立てれば、
幸いです。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。


中川寛太







考えすぎず、実戦向きの
メール講座です。


無料メルマガはこちらから
お願いします


コピーライティングやマーケティングを
知って資産化や自動化をしていく方法!

自分の理想の未来を築き方!

をテーマにしてます。
(おふざけ感満載ですが)


登録してくれた方には、
 
コピーライティングの基礎からテクニックを
書いた攻略本(12000文字以上)を
プレゼントしてます。


この攻略本を読みながらメール講座を
読んでもらえると、より読まれ続ける
ライティングのことを理解してもらえると
思います。

登録してみて、

「あわない、つまらない、寒気がする」

という場合はすぐに解除できますので
気軽に参加してくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女性目線
  2. ドラゴンボール セル
  3. オオカミの遠吠え
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-129696902-1