コピーライティングを使って自動収益化の仕組みを作る方法をお伝えしています。 売れるセールスレターの構成の共通点!人の心理から考える長さとの関係 | Life is journey

売れるセールスレターの構成の共通点!人の心理から考える長さとの関係

疑問

どうも、中川です。

売れるセールスレターの共通点について
お伝えします。

セールスレターを書く時に意識することといえば、
キャッチコピーやオファー、構成などなど、
色々とあります。


そのひとつの要素として、「長さ」について
フォーカスを合わせてお伝えします。


セールスレターの構成はなぜあんなに長いの?
そう思った方もいるんじゃないでしょうか?

自分で書こうと思って、色々と参考にしたら、
もの凄く長くて自分には無理!!

または、書いたけど、挫折したなんて人も
いるかもしれませんね。


実は僕も、セールスレターを書く時に、
最初は全然長く書けなかったんです。(汗)



先ずは、
なぜ長いのか?その理由を知ってほしいんです。

それは長さが、
自分の商品やサービスが良いモノだと確信してもらえる
要素になるからなんです。


これはアフィリエイトする場合でも同じことが、
言えます。

自分でセールスレターを書く時に、参考になると
思いますので最後まで読んでみてください。

で、セールスレターとは?



ネットビジネス大百科2

このように、商品をセールスする時に書かれる、
お手紙と言えます。

ネットビジネスをしている方、興味を持っている方なら、
知っているとは思いますが。

基本的にはとても長いんです。


セールスレターの構成を長くしようと して書く気がしない


これまで、多くの人のセールスレターについての悩みを
聞いてきて意外と多かったのが、文量を書けないという
悩みが多かったです。

どうしても、自分の商品のメリットを
伝えて、はい、終わりみたいな。


どうしても、アッサリとした感じになるんですね。

無理矢理に文量を増やして書く必要はありませんが、
意外と、メリットやベネフィットを伝えきれていない
場合が多いんです。

これだと、見込み客の人に商品の良さが
伝わらないということになります。


売れるセールスレターを書くための
自分にすべき7つの質問!
(セールスレターを書く前にぜひ、したい自分への質問になります。)

これはせっかく自分で書いても
もったいないです。

でも、長いことにはしっかりとした理由が
あるんです。

長く書かれている文章を人は無意識に 信じる


これはアメリカの選挙での話なんですが、
ある政治家が、対立候補の意見が疑わしい項目200というのを
作りました。

全てに番号をつけて。

(95%はどうでも良いことだったり、事実とは
 若干ズレていることも含まれていたそうです。)


それを印刷して集会で配ったり、PDFにしてネットから
誰でもダウンロードできたりしたそうです。
人々は最初の数ページを読んで、
これが200もの番号がついていることを
目にします。


そしてどうなったのか?と言いますと、

勝手にYouTube、ブログ、Tシャツ、ステッカーなどが
作られ、ネガティブキャンペーンが始まったんです。
で、ここでお伝えしたいことは、
ほとんどの人は200もの項目をしっかりと
読んでいないということです。

これだけ書いてあるんだから、

「きっと、そうに違いない」

「何か、裏があるに違いない」

そう、思ったということです。
こういのをヒューリスティックと言います。

ヒューリスティックとは、
人が判断や意思決定をしている時、
無意識に今までの経験や法則を当てはめて
しまうということです。


簡単に言えば、正しいかどうかというより、
200もの長い文章を書いてあるんだから、
疑わしいこともあるかもしれないけど、
これはそうに違いない!と判断していることになるんです。
事実、この200を実際にチェックした人は
1人もいませんでした。


この可愛そうな対立候補は、なぜこれほどまでに
自分が追い込まれていったのか?その戦略が理解
できなかったそうです。

そして、彼に反対投票をした100人のうち、
ヒューリスティックという言葉を知っている人は
1人もいませんでした。

セールスレターを書く時に長さを 出したい時のテクニック

ここまでの話はちょっと、長さをダークな
要素としてお伝えしました。(汗)


で、なぜ、セールスレターの構成が長いのか?

という理由もひとつわかってもらえたんじゃないですかね。
セールスレターを書く時に、
別にこの選挙のように疑わしいことや事実と違うことを
書いても良いとは言ってませんからね。


自分で書くときは、色んな角度から商品のメリット、
ベネフィットを伝えていくことが大切になります。
これを1番使えるのがブレットになります。

ブレットとは、
☑️ーーーーーーーーーーー

☑️〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☑️===========


みたいにチェックマークでズラ〜っと書かれている
部分ですね。

ブレットとは弾丸という意味で、
ここに多くのことを書いた方がいいですね。

メリットだけじゃなく、ベネフィットも考えて
書くことで沢山書けるようになります。

ベネフィットって何??
という方はこちらの記事を読んでみてください。

ベネフィットの本来の意味や使い方を知ってますか?
ビジネスの基礎知識なんです

まとめ

ということで、セールスレターの構成が長い理由について
今回はお伝えしてきました。

長い理由は商品を良いモノだと確信してもらえるから
だというこです。

無理矢理、誇大表現や嘘を書く必要はないんですが、
自分の商品のメリットやベネフィットをしっかりと
考えることが大事なことになります。

1番、長さを出しやすいのがブレットの
部分なので、ぜひ、自分で書かれる時は
やってみてくださいね。


では、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

中川






コピーライティングやマーケティングを
学んで資産化、自動化をしていく方法!

会社を辞めて独立する方法!

あなたの大切なこと、好きなことを増やしていく!

をテーマにしてます。
(おふざけ感も満載ですが)

登録してくれた方には、
 
ストーリーライティング、コピーライティングの
基礎からテクニックをまとめた攻略本(PDF120ページ以上)
をプレゼントしてます。


この攻略本を読みながらメール講座を
読んでもらえると、自動収益化で稼ぐ
方法を理解してもらえます。


登録してみて、

「合わない、つまらない、寒気がする」

と思えばすぐに解除できますので、

気軽に参加してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マンガONE PIECE
  2. 鉛筆
  3. 新pasonaの法則
  4. 野球のコーチが子供に打ち方を伝えている
  5. ドラマdinner
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-129696902-1