コピーライティングを使って自動収益化の仕組みを作る方法をお伝えしています。 稼げる文章で必要とされる基本的なことを知っていますか? | Life is journey

稼げる文章で必要とされる基本的なことを知っていますか?

どうも、こんばんは中川です。

今日は、あなたの文章を一気に、
稼げる名文にする方法をお伝えしますので
最後までぜひ、読んでくださいね。

これはコピーライティングのテクニックと
いうよりは、読者さんのことをいかに
考えて書いているかという話になります。
さて、
最近は日本の恋愛関係も、
アメリカナイズが進んで、

「言葉にして言わなきゃわからないじゃん」

ということがあります。


でも、
「言わなきゃわからないなら、言いたくない」

と思うのがロマンチスト、ロマンチスターなんです。(笑)
(以外と男の方が多いかもしれませんね)

「何も言えなくて・・・夏」
という曲がありますが、言えないというより、
「言葉にすべきではない」というか、

乙女チックに言えば、
「言葉にしたら壊れちゃいそう」
ということであります。

何も言わずとも、お互いの気持ちや気配を
汲み取り、察し、イマジンすることを映画にしたのが、
高倉健主演の映画「あ、うん」です。

この映画のワンシーンで、
板東英二の娘の富田靖子が夜に彼氏に
会いたいと駆け落ちをしそうな勢いで言うんです。
映画 「あ、うん」

父親の板東英二はとんでもないといいますが、
そこにいた健さんは首にマフラーを巻いて
こう言います。
「行っておいで」


よその家の娘であります。(笑)

相手が希望を口にした時、
相手より高いリアクションを返して
成立する能動的な「あ、うん」の進化形が

コール&レスポンス!

です。

「Hしたいんだけど」

「朝日が昇るまで!」

常に倍返しで答えるのがマナーであります。

この様に「あ、うん」の時も、
「コール&レスポンス」の時も大切なことは
相手の気持ちを察してあげようとする努力と
思いやりなんですね。


そして相手にどんな感情を抱いて欲しいのかを
しっかりと考えることが大切なことになります。

ではでは、本題になります。


実はビジネスで文章を書く、
ほとんどの人が文章を書く前提を
勘違いしているんですね。

なので、勘違いしたまま書いていても、
利益を生む文章には実はなりません。

その様な文章だと読者さんは読むことをやめて、
違う人のページへとサッラと移っていってしまいます。
これは非常に残念ですよね。(汗)


例えば、こんな勘違いをしている方がいるかも
しれません?

「文章は簡単に短く、必要なことを伝える」

この様な文章が良いと思うのは、
一般的な会社やお役所、
つまり正確性を重要視される場面では良いんです。

でも、ブログやメルマガでは、
誰の心にも響かない文章になってしまうんですね。

ビジネスで稼ぐ文章を書きたいなら、
このことをぜひ、忘れないで欲しいんです。


「文章は情報を伝えるのではなく、
 感情を伝えるために書こう!」


ということです。

感情を出す

どいうことかといいますと、例えば、
あなたの商品のセールスレターには、
商品を購入することで得られるメリットや
ベネフィットをしっかりと書くと思います。

でもそれだけでは、
ただ商品やサービスの情報を伝えただけで、
読者さんはその商品への期待も好意も湧かないんです。

商品を購入して欲しいと思うなら、
そのセールスレターを読んだ後、

「どんな感情を持って欲しいのか」

をしっかりと逆算して考えることをオススメします。

「この人はお客さんを大切にしそうだなあ」

「気配りがすごいなあ」

「信用できそう!」


というような感想を持って欲しいなあと思うなら、
この様な文章を書いてみてはどうでしょう?

相手の悩みに共感し、自分の失敗談も話す。

自分ができる限りのサポート対応を伝える。

あえて商品のデメリットを言う。

こんなことを書くことで、
上の様な感想を持ってくれる様になるんですね。

相手の感情を考えて書くときのコツは、
これは自分の愛する人に書く手紙だと
思って書くことです。

そうすれば、どんな気持ちになって欲しいのかを
考えて書くはずですからね。

ラブレターをイメージして貰えばと。

「文章を書くことで、
 読んだ人にどんな感情を持って欲しいのか?」

この自分への問いかけをすることで、
全く違った言葉が思い浮かぶことになりますし、
相手を思った文章へとなるはずです。

この様に考えて書くことで、
言葉にはあなたの気持ちが乗って
読んだ人の心に必ず届くはずです。
今日は、文章を稼げる名文にする方法を
お伝えしました。

「情報を伝えるのではなく、読んだ後に
 どんな感情を持って欲しいのか?」

を考えることが大切になりますので、
ぜひ、このことを意識して文章を書いて
みてくださいね。


最後まで読んでいただきありがとう
ございました。


中川





コピーライティングやマーケティングを
学んで資産化、自動化をしていく方法!

会社を辞めて独立する方法!

あなたの大切なこと、好きなことを増やしていく!

をテーマにしてます。
(おふざけ感も満載ですが)

登録してくれた方には、
 
ストーリーライティング、コピーライティングの
基礎からテクニックをまとめた攻略本(PDF120ページ以上)
をプレゼントしてます。


この攻略本を読みながらメール講座を
読んでもらえると、自動収益化で稼ぐ
方法を理解してもらえます。


登録してみて、

「合わない、つまらない、寒気がする」

と思えばすぐに解除できますので、

気軽に参加してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フォーカスを合わせる人
  2. 野球のコーチが子供に打ち方を伝えている
  3. 共通点
  4. マンガONE PIECE
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-129696902-1